So-net無料ブログ作成
検索選択

★141013 喜多方② / 福島ビエンナーレへ [展覧会・アートイベント etc.]

★喜多方では大和川酒造さんに寄る。前回は時間切れで早々に失礼してしまった。
 今回はその奥深い酒資料館&ギャラリー&店舗を拝見、利酒は我慢。(運転手)
 発売前のヤノベケンジ :サン・シスターラベルの福島ビエンナーレコラボ酒を、
 早目に頂戴して感激、下戸だが帰って髑髏猪口で頂こう(`_´)ゞ

 10177454_931647623530324_1055409682638761350_n.jpg

 10733978_931647636863656_7355272742032608568_n.jpg

 10171270_931647646863655_7778316736727951355_n.jpg

★福島ビエンナーレ・喜多方・ 三十八間蔵の会場で空間体験する。
機能を放棄した堅固な、文化財未満の空間はビデオアートとは馴染みがいい様子。

 1959393_931760526852367_2790588674294724497_n.jpg

 10418973_931767570184996_5779256672144104538_n.jpg

★サン・シスターの石蔵のすぐ横の会場では、
 不慮の事故で亡くなった國府 理(面識はなかったが)さんの作品記録映像が流れている。
 物置きで埃っぽかった空間が、神秘的な空気を帯びた静謐なアートの“場”に生まれ変わった。
(福島大の学生ほかメンバーが一生懸命掃除して生まれた空間)

 10592934_931770016851418_2666569966914717759_n.jpg

 10616134_931774496850970_931252722644291663_n.jpg

★福島ビエンナーレの会場の一つ、喜多方市立美術館へは初訪問。
 写真、絵画、インスタレーション、映像作品(アニメーション)…
 見ごたえある展示を静かに鑑賞。

 10653674_931657156862704_7978907643119737003_n.jpg 

★2014年 福島ビエンナーレ巡礼ドライブの最後は、
 前回はまだ工事中だった道の駅 あいづ 湯川・会津坂下へ。
 磐梯山を遠景に、夕暮れぎりぎりで田んぼアートを見ることができた。
 (日曜美術館アートシーンでも紹介されてた)
 …帰ってサン・シスターラベルの限定“米” (シリアルナンバーno.29)を炊くのが楽しみ〜。

 1959308_931696780192075_5208740151074433709_n.jpgborder="0" align="" alt="1959308_931696780192075_5208740151074433709_n.jpg" />
 ※ 佐藤卓さんの米”バナー、六本木とはまた違う趣で輝いて見えた(`_´)ゞ

 1530491_931696813525405_4905316323272403120_n.jpg

 10628155_931696800192073_7237792126317408185_n.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂