So-net無料ブログ作成
前の9件 | -

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭 [数寄・茶の湯・遠州流]

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭
 二本松城(霞ヶ城)洗心亭での二時間、無事終了です。

 二本松市では『重陽の芸術祭2017』開催中。茶会はその関連企画。
 http://2017.fukushima-art.com/
 お城では、「二本松の菊人形」も開催中です。
 http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/kankou/63kikuningyou.html

 オニババドクロ茶会_チラシ_8973_n.jpg
 ※デザイン:渡邊晃一

 オニババドクロ茶会_13557_n.jpg
 来ていただいた方々、
 お手伝いいただいた婦人会の皆さんはじめ、
 ご縁あった関係各位、お陰様で良い茶会になりました。
 至らぬところばかりでしたが、お茶を通して、
 二本松の方々の声をじかに聞くことができました。。
 感謝申し上げます。  木下史青

 オニババドクロ茶会_点法_8973_n.jpg
※点前座が明るく見えるのは、
「風炉先屏風:有機ELの風炉先屏風見立て衝立」
(協力:(公財)山形県産業技術振興機構)のやわらかな明かりのおかげです。

ご案内============================================
「重陽の芸術祭」の企画として「オニババドクロ茶会」を開催します。
 http://2017.fukushima-art.com/events.html

 会場:福島県二本松 霞ヶ城址内 洗心亭(県指定有形文化財)
    二本松市郭内3-232
 日時:12:00~14:00
 お茶券(500円)を配布します。先着25名です。

 亭主:木下史青
     遠州流茶道 時青庵 木下宗史/ 東京国立博物館デザイン室長

 菓 子:干菓子・ヌーベル和三盆「ガイコツ」
 薄 茶:逢真庵 浅井宗兆 遠州流家元主鑑お好「時かさね」 小山園
 主茶碗:銘 ホトバシル(髑髏茶碗) 丸岡和吾作 牟田陽日絵付
 替茶碗:備前髑髏 丸岡和吾作
 床飾り: 華跡 「菊」 渡邊晃一作
 蓋 置 :髑髏ぐい呑 丸岡和吾作
 棚飾り:金髑髏ぐい呑 丸岡和吾作 牟田陽日絵付、髑髏煙管 丸岡和吾作

 茶 杓 :歌銘 『黒塚』にちなみ
      みちのくの 安達ヶ原の黒塚に
         鬼こもれりと 聞くはまことか
                平兼盛

 オニババドクロの由来について聞かれたので、この歌を言うと、
 婦人会のみなさん、空でスラリと口にして…流石です。
 なんとなく納得された模様^_^v

 オニババドクロ茶会68_778_n.jpg

 オニババドクロ茶会34_n.jpg
 洗心亭 外観

★本日の茶会の為、
 渡邊晃一(福島大学 文学・芸術学系教授)さんに依頼した床飾りは、
「二本松の菊人形」にちなみ、《華跡-菊-》を。
 オニババドクロ茶会_渡邊_8973_n.jpg

 仏花と言われてしまうキクとは違い、
 最高の格調高さを誇る「二本松の菊」の姿を、
 ネガ・ポジの二次元写し込んで空間化する、渡邊さんの腕力に脱帽です。
 オニババドクロ茶会_3095_n.jpg
 持参したアンテロープ頭骨を添えて、植物/動物の世界を創出_φ(・_・

 遠州流では重陽の節句に「被綿(きせわた)」で入れる「菊」について、
 あらためて学んでみるつもり。

★翌日は台風接近で雨が降り寒い。
 天候に左右されるものとはいえ、
 本日の各所各種イベントは中止で、昨日の茶会日和が嘘のよう。
 オニババドクロ茶会_髑髏感想8973_n.jpg
 宿で乾かして綺麗チェックした髑髏供は、
 僕のラッキーアイテムだったなと再認識です
  _φ(・_・チェックアウトまでに仕舞わないと…




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★171006_学芸員照明研究会 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★第17回! 学芸員照明研究会でお話ししてきた。
 171006_Panasonic5120_n.jpg

『フランス人間国宝展』はフランスの展示デザインをリアライズするために、
 少しサポートしたお話しを、
『平等院ミュージアム鳳翔館』『那覇市立壺屋焼物博物館』は、
 照明のLED化のためのプロセスについて、100枚ほどの写真を使って紹介。

 学芸員40名弱ほどの視線に声が震えたのは、
 大学での講義とは違う、不思議な高揚感を感じたせいか?(`_´)ゞ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★日本建築学会『建築雑誌』2017年9月号届く。 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★日本建築学会『建築雑誌』2017年9月号届く。
 21369580_1808017405893337_5807055171744004449_n.jpg 

 21432729_1808017409226670_3679992045328150879_n.jpg
「連載 近現代建築資料の世界20」《東京国立博物館館史資料より、復興造営工事写真帖》の紹介コラムに寄稿しました。_φ(・_・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★多賀城市立図書館のスターバックスにて。 [都市・街・公園・光・風景]

★多賀城駅で降りると、駅前に市立図書館が。

 21371408_1806774352684309_6665458318094709906_n.jpg
 蔦屋書店・スターバックスカフェ・Family Martなど、
 併設の公立図書館があるとは聞いていたが、大学の食堂やトイレより綺麗。
 照明学会の大学へ行くまでの時間、ショートラテ買って発表の予習を。

 21463002_1806774356017642_3631498459479906034_n.jpg
 大学の教室では電源も足りなくて不便したが…うーむ、現代の難しい問題課題だ_φ(・_・

★多賀城市といえば、
〈869(貞観11)年の「貞観地震」は、東北地方の海底を震源とする、
 マグニチュード8以上の巨大地震で会ったと推定〉の場所。
 やっぱり早起きして博物館に行くべきだったな。。
 (東洋文庫ミュージアム『時空をこえる本の旅16「ナマズが暴れた 安政の大地震展」』図録2017年4月17日 より)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170907日(木) 照明学会全国大会 分科会主催『美術館・博物館の次世代照明基準に関する研究調査委員会』のシンポジウムに登壇 [★調査研究]

に登壇。★9月7日(木) 、照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、
『美術館・博物館の次世代照明基準に関する研究調査委員会』によるシンポジウム
 美術館博物館の学芸員、保存科学研究者、大学の研究者、照明デザイナー、照明メーカー担当者による、専門家の集まりが主催する…と言って良い、貴重なシンポジウム。
 木下は「有機EL照明を用いた展示」について発表。

以下照明学会HPより======================
https://www.ieij.or.jp/event/2017/annual-conference-division.html
◆9月7日(木) 13:30-16:30
東北学院大学多賀城キャンパス 3号館 第1会場(2階 321教室)

視覚・色・光環境分科会主催:
テーマ「LED照明・有機EL照明時代を迎えた美術館・博物館照明」

13:30
・冒頭挨拶 佐野 千絵 東京文化財研究所
・刀剣博物館LED照明導入への軌跡 久保恭子 刀剣博物館
・LED照明への改修事例の紹介 發田隆治 パナソニック
  休憩 10分
・有機EL照明を用いた展示 木下史青 東京国立博物館
・美術館。博物館における照明の現状とこれから
  ーアンケート調査を通してー 吉田 直人 東京文化財研究所
・新しい美術館・博物館照明技術指針策定に向けて 吉澤望 東京理科大学

(概要)
美術館・博物館においても固体光源(LED照明・有機EL照明)の導入が進みつつありますが、本シンポジウムではその最新事例を紹介しながら、これからの美術館・博物館照明について議論します。

終了16:30
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

170906 賣茶翁 [数寄・茶の湯・遠州流]

★せっかく伊達藩のお膝元なので、
 主菓子を買える店が近くにないかと検索
…メディアテークから徒歩三分くらい。
 品の良い生菓子がm(_ _)m

 21272504_1805739646121113_2006094927592864197_n.jpg

★お平らに…とあるのを、宿への道で転がしてしまった。
 これまで旅先で求めて頂く菓子としては上々の上です。

 21371307_1805899809438430_2032154532598205132_n.jpg

 21430417_1805899766105101_9090290677348181960_n.jpg
 菓子の名を失念。電話番号もないので菓子銘知らず…
 また仙台に行く時は訪ねよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170905(火) 照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、 3)美術品を照らす次世代の光 :千葉大学の溝上陽子先生と木下との討論会が行われました。 [★調査研究]

9月5日(火) 、照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、
1)睡眠の質を高める光、
2)肌の質感を生かす光 に続き、
3)美術品を照らす次世代の光 では、
千葉大学の溝上陽子先生と木下との討論会が行われました。

以下照明学会HPより==================
https://www.ieij.or.jp/event/2017/annual-conference-division.html
◆照明学会全国大会
 分科会主催シンポジウム プログラム

9月5日(火) 13:30-16:30
東北学院大学多賀城キャンパス 3号館

第2会場(2階 322教室)
照明デザイン分科会及び視覚・色・光環境分科会主催:
テーマ
「2017照明デザインのさらなる地平をめざして~研究者と照明デザイナーが語る光のスペクトル~」

13:30
視覚・色・光環境分科会幹事長&照明デザイン分科会
岡嶋克典 横浜国立大学
面出 薫  LPA
討論会:研究者と照明デザイナーが語る光のスペクトル

1)睡眠の質を高める光
 森田 健  福岡女子大学
 松下美紀 松下美紀 照明設計事務所

2)肌の質感を生かす光
 岡嶋克典 横浜国立大学
 秋月有紀 富山大学
 福多佳子 中島龍興照明デザイン研究所

休憩 10分

3)美術品を照らす次世代の光
 溝上陽子 千葉大学
 木下史青  東京国立博物館

全体討論 (概要)  終了16:30
 LED照明の普及やセンシング・制御技術の進歩に伴い、照明分野においてもデザインとテクノロジーの融合がこれまで以上に求められるようになってきています。
 本シンポジウムでは、光のスペクトルを取り上げて、肌の質感を生かす光・美術品を照らす次世代の光・睡眠の質を高める光、の3テーマを中心に研究者と照明デザイナーとの間で議論を交わします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170810 期待半分気分で「すみだ北斎美術館」へ。 [博物館・美術館]

★170810 期待半分気分で「すみだ北斎美術館」へ。
 hokusai_665540_n.jpg

 錦糸町で打合せして、サインの視察にランチしてから立ち寄ると。
 hokusai1760104_n.jpg

 平日だけど来館者多し!
 hokusai7327300_n.jpg
 チケットも決して安くないが、皆さん北斎コンテンツを楽しんでいる。

 hokusai_101397024_n.jpg

 hokusai11766_n.jpg
「三十六景」などのマットの切り方にはやや違和感を感じるものの、
 展示替えの工夫は目録を読むと苦労がわかる…

 hokusai710969_n.jpg
「富嶽百景」のクオリティの高さに圧倒された。

 hokusai49076_n.jpg
 印刷ではわからない、和紙に手刷りのホンモノの深さと迫力_φ(・_・

 hokusai_8859_n.jpg

 hokusai66059_n.jpg

 hokusai_311608_n.jpg

 かつてトーハク「北斎展」で、照明に苦労と工夫を凝らした頃が懐かしく、軽やかだなあ〜とLED時代のテクニックを覗き見る。。
 インテリアと展示は丹青社。照明は大光電機のスポットライト、と見ました_φ(・_・

 hokusai_79871_n.jpg

 hokusai6111_n.jpg

 hokusai_337413_n.jpg

 ご近所の江戸東京博物館より地元の人を引き込むデザインは上手だなぁ、
 と建築家の世代間格差を感じて、
 アサヒビール(スタルク)とスカイツリーを眺めて職場へ戻る。

 hokusai_6668351623_n.jpg

 hokusai29674190036507_n.jpg 

 hokusai_7560998817764087655_n.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 [★調査研究]

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 

 スライド1.jpg
 学内掲出用のチラシ(ヨコ)

 DEJRKWaUQAARZ7o.jpg
 鴻池朋子さんをお招きして、企画理論“七夕”デザイントーク02
 画像:藤原えりみさんのツイッターより

 雪山頭蓋骨ちゃわん3686_n.jpg
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

《雪山頭蓋骨ちゃわん茶会》トーク終了後の懇親会では、
金 理有さんの「手榴弾形茶器」を初披露で、
鴻池朋子さんに髑髏茶碗で薄茶(時かさね)を一服差し上げました。

 雪山頭蓋骨ちゃわん_70955.jpg

正客の鴻池さんからは、
「史青さんのお茶って、そうやって男の子のおもちゃ自慢みたいね〜」と。
それこそ彼女曰く「男のマロン(浪漫)ね=すなわち茶の湯の本質」であろうとのフォローが。
遠州流のような武家茶道は、確かにそんな側面もあるなあと頷いた亭主(僕)。

 雪山頭蓋骨ちゃわん茶会2853086_n.jpg
 一応私、「男のマロンね」と鴻池さんに言われつつ、茶人亭主やってます。
 (遠州流茶道 時青庵 木下宗史)目つき悪〜
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

最近お気に入りの朝鮮茶杓で手榴弾から抹茶が濃茶のように掬えるので、濃薄加減が難しい。
(やはり茶器と言うより茶入で使うべきかな)

干菓子は髑髏茶会では定番化した「ヌーベル和三盆 ガイコツ」。
ロマンティックな七夕に相応しく…というわけでもなく、
ビール乾杯後でもちょうどいいドライな甘味。
思えば茶事茶会では会席や点心で酒が欠かせない訳で、飲み会で呈茶はアリだなぁと。

それにしても鴻池さんの涼しげなデニム地シャツ姿は、
一瞬、雪山で雪に埋れて歌う姿を想像させました。
歌うと息を吐くので、その分寒気を吸うので、
命の危機感さえ覚えるものだそうで…それでドラえもんの唄を歌うアーティストって狂ってていいな(笑

ご参加いただいた皆様には、点て続けたつもりですが、
ゆき渡らなかった方もいらっしゃるかも。
 雪山頭蓋骨ちゃわん35817_n.jpg

またやります!で次なるご縁の機会に。(`_´)ゞ

今回の企画にあたり、昨年の鞍田崇さんとのデザイントーク01
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09 に続き、
大変に多くの指導賜りました、デザイン科教授 藤崎圭一郎先生には、
無事に実施・終了したこと、感謝申し上げます。

またトークイベントの準備・進行・懇親会までお手伝いいただいた、
デザイン科大学院企画理論研究室のMさん、Iさん、ありがとうございました。

 170707_鴻池朋子_雪山頭蓋骨ちゃわん41.jpg

★「美術館ロッジ」のブログ、大変よくまとめていただいています。
『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』
https://www.facebook.com/LodgeTheArtMuseum/posts/1186797021465573
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の9件 | -

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂