So-net無料ブログ作成
検索選択
前の9件 | -

★160827 近藤保氏による  The Anatomy of Fashion design Vol.1 『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』へ [骨・美術解剖学・身体]

★160827 近藤 保氏による
 The Anatomy of Fashion design Vol.1
『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』へ

 14141923_1372217626139986_778859474163677529_n.jpg
 近藤 保 URL= http://www.tamotsukondo.com/profle_%EF%BD%8A.htm

 これでもファッション好きである。
 父がその道(和服業界だが)の生業で、そのおかげで僕も学費の苦労はなかったから、
 ファッション業界には感謝の気持ちをずっと持っている。

 トレンチコートがトレンチ=塹壕、が由来であり、軍服であり、
 アクアスキュータムやバーバリーBurberryの英国のメーカー名くらい知っているし、
 昨今の日本資本(サンヨー)との経緯もざっとはニュースで見ている。 
 
 ラグラン袖くらいはどんな袖かは知っているが、その「由来・理由」は専門外のこと。
 今日はそれを丹念に、暑く、いや熱いトークでスーッと理解した。
 ・クリミア戦争、第二次ボーア戦争、
 ・ラグラン男爵、カーディガン伯爵、ナイチンゲール、アルフレッド・ノーベル
 ・ウールギャバジンに関するアクアスキュータムの特許(1853)
 ・バーバリーの製造特許(1888)、 ※Google特許
 ・マッキントッシュ(ゴム引き)
 ・グレートコート → タイロッケン/ tielocken → トレンチコート/ trench coat
 ・raglan sleeve、Dリング、ひもベルト、・・・
 ・カサブランカ 1942、サムライ 1967、ティファニーで朝食を 1961
 ・肩線の位置 / トム・フォード スカイフォール

 使用するとルソーは、キイヤさんのもの。
 近藤さんが監修したspur
 http://www.tamotsukondo.com/spur_%EF%BD%8A.htm
 http://www.kiiya.co.jp/professional/?lyr=3&cid=191

 14141793_1372217582806657_7264008274172550875_n.jpg 

 人体の解剖学にもとづく“トレンチコート”の歴史、産業、国際社会、
 そしてファッションに関わる近藤 保氏によるトーク&実演の、
 あっという間の4時間?

 14095893_1372217589473323_3866284036072887239_n.jpg

 近藤さんとは、以前トーハクで、彼の興味というか研究分野の一つである、
 日本の「甲冑」に関する調査のお手伝いをしてからの縁である。

 最初は美術解剖学的な興味だったが、関心事に直球でハマった。
 facebookから頂戴した情報に感謝である。

 トレンチコートは持ってないけど…今日は一端の専門家。
 これでもモッズの端くれ、モッズコートなら持っている。(`_´)ゞ

 14054093_1372474782780937_5710777393601925169_n.jpg

 解剖学的合理性に裏付けられた機能とファッションが統合した、
 トレンチコートについて…
 僕だけが分かるスケッチは昔からこんな感じだからしょうがない(`_´)ゞ 

※facebookより
 近藤保氏によるThe Anatomy of Fashion design Vol.1
 『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』(関東)
 http://www.toray-acs.co.jp/horus/seminar20160827/

 ギャバジン開発秘話、ラグラン袖誕生の歴史、戦争とトレンチコートの関係、ラグラン袖の長所と短所
 トレンチコート150年間のパターン変遷(ドレーピングでの解説)、新生バーバリーのデザイン解説。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160820 一日一読『イギリス「族」物語』 [PEUGEOT / VESPA]

★読書:
 ジョン サベージ (著), Jon Savage (原著), 岡崎 真理 (翻訳)
 『イギリス「族」物語』

 『イギリス「族」物語』025082715_n.jpg

「モッズ」の項より
〈自分たちの移動手段と購買力を手に入れたティーンエイジャーたちの夢が実現したばかりのこの時代は「若者」という概念そのものが新しく、刺激的だった。(中略)そして64年、そんな若者たちは、「モダニスト」をつめて「モッズ」と名付けられた。〉

 その後の展開にも読みどころ多し…

〈パンクは非常に自意識過剰な70年代モッズとして登場した。〉
〈今日のファッションはモッズたちよりくだけているし、基本姿勢はモッズたちのような消費至上主義ではなく、エコロジー意識が強い。〉(`_´)ゞ

 僕は更にその後のムーヴメントに影響された。
 Good Thing - Fine Young Cannibals

 https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fm.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DxrOek4z32Vg&h=oAQEIg0_U

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160818 “光のソムリエ” 東海林弘靖〈人間の照明〉LIGHT for human being [展覧会・アートイベント etc.]

★仕事終わりの銀座。
 東海林弘靖さんの展覧会〈人間の照明〉LIGHT for human beingへ滑り込み。
 http://lightdesign.jp/review35/index.html

 人間の照明_272_n.jpg
 東海林さんにご挨拶、展示をご案内いただきました。

 人間の照明_3598_n.jpg
 LIGHTDESIGNのプロジェクト写真を辿りながら、
 照明のコンセプト、テクニック、プロセス…の
 手書きキャプションが楽しみながら進む。

 人間の照明_1143_n.jpg
 最新のレンズ制御の小型フレーミングスポットや、
 OLEDの目に優しい光を駆使した展示のデザイン。
 かつて東海林さんから伝授された、
 展示照明デザインの基本を思い起こさせてくれる(`_´)ゞ

 8月20日(土) 17時まで
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160817 内澤旬子『漂うままに島に着き』 [★調査研究]

★内澤旬子さんの
「女ひとり、生きるということ」『漂うままに島に着き』
 http://bookandbeer.com/event/20160817_tadayoumamani/
 漂うままに島に着き-208x300.jpg
 出版記念トークイベント@下北沢に参加。
 小豆島に移住した彼女の近況が聞くことができて、とても楽しいひと時でした。

 B&B_8201086612393792364_n.jpg
 下北沢の書店 B&B

ほぼ女性客の中僕のような⁈男客もチラホラ、
僕は会場の隅で目立たないようにしてたつもりが…
休憩タイムに声をかけていただいて二言三言、
今度は島に行く約束して、トーク後半へと。

予め配られた紙に、参加者は内澤さんに聞きたいことをなんでも書き込む、
人生相談のような質問にも、丁寧にサクサクと返すコメントは流石です。

いま離婚して色々やってるが、何も楽しくない →島の生活が忙しく楽しすぎて、
周りから毎日のようにディスられて →人間やなことは「忘れる技術」が大事、
どんな相手が結婚相手として避けるべきか →結婚相手は差別的な発言する人はNG、
そのほか、今後移住したいところは、将来の夢は、などなど。。。

メエメエ皿6672_n.jpg

僕は休憩タイムに、内澤さんオリジナル美形ヤギイラスト皿と、
小豆島岡田農園・糖度高めシャインマスカットをゲット。

シャインマスカット_8629931347535564829_n.jpg
お持ち帰りなり(`_´)ゞ

 実はいちばん聴きたかったのは
「豚」の時とはどう違うか、なぜ「山羊」なのか、
 そしておしまい、締めくくりはどうなるのか・・・(現在進行形だけどね)

 飼い喰い_1810102958_n.jpg
 旧著『飼い喰い 三匹の子豚とわたし』『捨てる女』
 
 『漂うままに島に着き』は、
 連載を読んでいなかったから、それは本を読むしかない。
 この夏後半のお楽しみだ。

 今日の本屋、僕が座った横の棚が「資本論」関係が並ぶのが記憶に刷り込まれた。
 それにしても絶妙な棚作りの書店だったなぁ。さすが下北沢。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160812 今日は飛び石連休の間に休暇を取って『国宝 赤坂離宮・迎賓館』の見学 [都市・街・公園・光・風景]

★160812 今日は飛び石連休の間に休暇を取って、
『国宝 赤坂離宮・迎賓館』の見学へ行く。

 迎賓館11982_n.jpg

 JR四ツ谷駅・赤坂口より、学習院初等部を横目で見ながら、
 徒歩3分程度、坂を下る途中にある通用門側から入る。

 迎賓館55914_n.jpg

 迎賓館0973_n.jpg

 8月いっぱいは予約なしに1,000円で内部の見学が可能。
 (ただし、国賓など使用の場合は、予告なし!?に見学中止のことも。という役所的事情)

 迎賓館0775_n.jpg 

 迎賓館のHP http://www8.cao.go.jp/geihinkan/ をチェックすると、
(10時~13時が比較的すいています。)との情報だったので、11時頃に到着。
 到着すると、本当に空いていた。
 ちなみにHPは内閣府の運営サイトだ。

 迎賓館997_n.jpg

 荷物チェックを通ると、コインロッカーで荷物を預けて、
 ガイダンスルーム(ガラガラ)のビデオを10分程度見て、概要を学ぶ。

 迎賓館714772_n.jpg

 迎賓館11594_n.jpg

 迎賓館95674_n.jpg

 迎賓館150956_n.jpg

 迎賓館294137_n.jpg

 迎賓館30487480_n.jpg

 迎賓館38409743_n.jpg

 迎賓館697012220938691452_n.jpg

「もっと国の施設を公開促進すべし」という、安倍内閣の閣議決定により、
このような機会が増えている。ということ。

 迎賓館2653109325_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160803 東京藝術大学 先端芸術科 小沢剛教授の集中講義「展示実践演習」照明 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★160803 東京藝術大学 先端芸術科(取手)
 小沢剛教授の集中講義「展示実践演習」へお声がけいただいて、
 ライティング講義&実践演習へ(小沢さんは藝大水泳部の同期)

 取手_6350.jpg
 1997年頃、デザイン科助手時代にしばらく通った校舎。

 課題は、3日間で4〜5名のグループによる「白い壁を作ること」
 そこに自分の作品をかけ、4日目に「適切に照明すること」

 照明機材は、木下が中古器具など調達したものの他、
 有望な未来のアーティスト教育のため、
 照明メーカーからの協力でお借りすることができた。
 (将来のアーティスト、いつかちゃんとお返ししてね)

 展示実践演習_6352.jpg
 昨年は10名ほどだったが、今年は人気講座になり抽選だったらしい。

 2Z7A4270.jpg
 学生の熱い制作物が壁にかかり、適切な照明が当たった状態で講評会。
 小沢先生の厳しく暖かい指導と、僕のライティングデザイナーとしてのコメント。

 2Z7A4344.jpg
 表彰式も無事終了。僕は”照明がんばった賞”を授与^_^

 展示実践演習_06406960_n.jpg

 作品・照明装置を撤去して、
 学生たちが3日間で作った、汗と涙の白い壁が残った(`_´)ゞ

 展示実践演習148835836_n.jpg

 展示実践演習8250_n.jpg
 水銀灯のせいか、白い壁が緑に染まる。
 さあこれから取手駅前で打ち上げ!

前日のメモより====================
★明日は1年ぶり取手へ。
 小沢 剛教授の担当課題『展示実践演習』のお手伝い。
 昨年につづいて2回目。

「照明する」とはどういうことで、なにか可能なのか。
 光で関係性をつくることについて、
 学生と一緒に体を動かして考える夏の一日になりそうです。ヽ(´o`;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160719 福島大学(映像メディア論)ゲスト講師_相馬野馬追_南相馬市博物館 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★今日はお招きいただいて福島大学のゲスト講師(映像メディア論)。
 映像メディア論1699_n.jpg

 ゲスト講師11593529072_n.jpg
 ゲスト講師の豪華な面々、の中に僕も。

★昨日撮った〈いわき〜南相馬〜福島〉画像整理したけど、
 昨晩は、この画像から講義用パワポを作るのはきついな〜、
 と、スライドショーで済ます。
 だけど集中講義は一期一会の機会、手は抜けない。。

博物舘の展示から、古いものを見て、生き生きとした
 情報を取り出して楽しむ方法」について話す。(後付け)

★昨日寄った南相馬市博物館では「野馬追屏風の世界」を開催中。
 https://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/24,30946,137,html

 南相馬市博物館14318446_n.jpg

 馬追い屏風9298491403472_n.jpg

★南相馬の野馬追は7月24日だが、
 準備中の会場を覗くと、まるでF1開催前夜のような景色でした。
 博物館でその興奮を知ると、観たい気持ちがフツフツと。。

 馬追い競馬場36996_n.jpg
 F1ならここがメインスタンド。
 
 ピットイン馬87319254_n.jpg
 F1ならここがピットインの場所。名馬は誇るべきF1マシンだ。

※memo 2013,2014に続いて3回目。
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-03
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-07-03




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160718_うみの日 福島浜通り 国道6号ドライブ(`_´)ゞ [都市・街・公園・光・風景]

★うみの日はひたち に乗ろう(`_´)ゞ。ー 場所: 上野駅
 ひたちに乗っていわきへ_8686_n.jpg

★いわきで下車。駅レンタカーでレンタカーを借りる。
 IMG_5796s.jpg

 うみの日 福島浜通り 国道6号ドライブ(`_´)ゞー 場所: 福島県 南相馬市
 コーヒーブレイク3907_n.jpg

★東日本大震災から五年。「帰還困難区域」も道だけは走れるように。
  (ただし歩行者と二輪車はNG)
 いわきから南相馬まで6号線をスムーズに走れるが、
 脇道へはバリケードで許可なしには入れない。

 

 文化財レスキューの時は志願した仲間と一緒だったが、
 一人ではこんな哀しい運転と思わなかった。

★〈除染作業中〉と〈フレコンパック〉ー 場所: 飯舘村
 除染作業中_91828_n.jpg

 飯舘村_2733.jpg

 ようこそ飯舘村_8713642_n.jpg

★南相馬から福島へ向かう途中で飯舘村を通る時は既に夕暮れ。
 美しく西陽さす中目をこらすと、除染により積み上がった“フレコンパック”の風景。

 

 3.11以前、全ての東京都民は原子力発電によって作られた
 電気の恩恵を享受していたわけで、
 勿論僕にもこの風景を生んだ責任の一端はある。

 あゝレンタカー返す時間に間に合わないよ…(`_´)ゞ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160716 第23回美術解剖学会 @東京藝術大学 [骨・美術解剖学・身体]

★第23回美術解剖学会《顔は表象する》 (`_´)ゞ終了。
 ポスター 310211201707349244_n.jpg

◆特別講演「仮面・ペルソナ・幽霊」
稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授・副所長/総合研究大学院大学教授)
の発表が素晴らしかった。聞き込んだ。
 学会 07523963_n.jpg
発表の中で三木成夫『胎児の世界』が引用され、
一気に30年前19歳の講義室の時間に引き戻された。
その場でkindleにて本を購入ダウンロードして読むと、三木先生の声が蘇る。

時代は変わってしまったが、ヒトは変わらない事を再確認。
今の藝大*デザイン科にこの教育の場と時間は有るのかなぁ…(`_´)ゞ

大会後の懇親会では新学会理事として紹介されてしまった…さて。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の9件 | -

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂