So-net無料ブログ作成
検索選択
前の9件 | -

★170115 クラーナハ展 [展覧会・アートイベント etc.]

★170115 クラーナハ展
 クラナッハと呼んでいた画家の名は、いつやらクラーナハであるのは世の慣いであるようだ。

 ①29186584_n.jpeg
 
昨年から見なきゃと思いつつ会期最終日閉館1時間半前に上野へ行く。
学生料金は音声ガイド分助かる。番号のとこだけ集中する。

さて今回の見所は「板絵」が多く到来していること。
ブナ材か菩提樹材の板絵、どんなに睨んでも判別不可能だが、
綺麗に修復されて、低反射ガラス入りのエアタイト額に護られているおかげで、
クラーナハをまとめて見ることか叶うようになった。
学生時代は小さな作品でも、板絵を日本で見られる機会は貴重だ、
と西洋美術史の講義で教わったもの。

 ②67232340_n.jpeg
 「アウグスティヌス会修道士としてのマルティン・ルター」
 この絵にも画家のサインは記されている。
 “蛇の紋章(蛇にこうもりの翼にルビーを加える)”なのだが、
 繊細なタッチで小さく描かれているためよほど拡大しないと…
 それにしても魅力的なサインだ。

 ザーッと見て最後の展示室へ入ると、
「アウグスティヌス会修道士としてのマルティン・ルター」に圧倒され、
目が釘付けになった。(`_´)ゞ、、絵はがきでは、
あの美しい背景の色彩と衣服の黒の深さは出ないだろうな…買ったけど。

 ③879071172_n.jpeg

 ④340197442036774035_n.jpeg
 手前はLED、奥はハロゲンランプのスポットライト。いずれもERCO。あきらかに雰囲気が異なる。(色温度・演色性もだが、分光分布が違う)
僕の好みはハロゲン(ERCO Eclipse)だが、企画展の方は調光されて色温度の落ちたベースライトがあるため、なんとも微妙な感じ_φ(・_・ー

それにしても企画展のLEDらしきレンズスポットは、
西美ではいつから採用したんだろう。など思いつつ、
常設展のLEDとハロゲンの混在具合を眺めて上野を後に_φ(・_・」」

 ⑤123878438099123981_n.jpeg
 東博蔵「親指のマリア」と原画は同じ。
久しぶりに(初めて?)見た気がする。東博のは銅板に油彩、
こちらはカンヴァスに描かれている。

 ⑧41_7583917_n.jpeg
「モーリス・ドニの素描」も今日最終日につき、3分で眺める(`_´)ゞ

 ⑨7410_n.jpeg


★170109『日経WOMAN 2017年2月号』 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★『日経WOMAN 2017年2月号』を買いに駅前の本屋へ行く。
 日経WOMAN_56490_n.jpeg

“人生で大切なことを学べる” –名著いっき読み!– の特集頁、
 takさんこと中村 剛士さんよるArtの項には、
 拙著『博物館へ行こう』(岩波ジュニア新書)をリコメンド本の一冊に加えていただいてます。

 日経WOMAN_97609_n.jpeg

 赤瀬川原平さん×山下裕二先生の本の並びで、新年早々喜ばしいこと(`_´)ゞ

※岩波書店URL⇒ https://www.iwanami.co.jp/book/b223625.html


★170102 新年最初に観る映画 《In This Corner of the World 》(この世界の片隅に) [芸能・演劇・映画・音楽 etc.]

★新年最初に観る映画
《In This Corner of the World 》(この世界の片隅に)

この世界の片隅に80222_n.jpeg

『この世界の片隅に』観て、
それが「広島県産業奨励館」だった事を考えながら、
川縁を歩いたことを思い出した。

なるべく早めに「呉」に行って大和ミュージアムへも…
それからもう一度観よう(`_´)ゞ

★161222 『君の名は』久々アニメ観た備忘メモ。 [芸能・演劇・映画・音楽 etc.]

★161222 『君の名は』久々アニメ観た備忘メモ。
 http://www.kiminona.com/index.html
 2016年にヒットし、父親や藝大の指導教官が見たというのでなんとなく。

 IMG_9637.jpg

 見終わって、映画としての感動はないが、よくできていた。
 フックとなる臨場感ある絵作りの、今的なリアルさはよく練られている。

 田舎の日常とも同時代をリアルタイムで共有できる、
 ネット・携帯・スマホのようなツール以外、
 80年代前半の東京の日常的な高校生活とそう変わらない。

 “逢魔が時” は「時青庵」に通ずる。
 英語では“blue moment” 一番星が最も美しく
 輝く夕暮れ時の、刻々と変化する空色が美しい。

 北欧の白夜は延々と続く、狂気を生む時間帯で、
 あの時間がムンクを生む環境だったのではと疑っている。
 オスロのムンク美術館で見た『叫び』よかったなあ。。

 新宿、代々木、千駄ヶ谷、神宮外苑、市ヶ谷あたりの
 馴染みの日常景色とのパラレルワールドが描かれている。

 エンディングが映画として…あとネタバレにつき(`_´)ゞ

★161221 第733回 仏教文化講座 @新宿明治安田生命ホール [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★161221 第733回 仏教文化講座 @新宿明治安田生命ホール
 2016年の講演はこれにてラスト。

 明治安田生命ホール19258522_n.jpeg

 仏教文化講座725739621643950965_n.jpeg
 お話したのは、
・東京藝大学生時代からのアートめぐり、都市とミュージアム
・平成24年度 中学国語教科書(光村図書出版)随筆
・プライス・コレクション「若冲と江戸絵画」(2006年)
・国宝土偶 挂甲の武人(2015年)
・平等院 鳳翔館リニューアル(2014〜2016年)
・博物館に初もうで(2003年〜)、博物館でお花見を(2008年〜)
 …などなど(`_´)ゞ

 仏教_トーハク41121823_n.jpeg

 * * * *

◆仏教文化講座 第733回
 開催日:12月21日(水)
 会 場:新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口)
 午後1時開場 入場無料 申込不要

・第1講座(午後2時)
『光で見せる展示デザイン』
 東京国立博物館 デザイン室長
 木下 史青氏

・第2講座(午後3時)
『百歳いけらんは、うらむへき日月なり ~百歳生きる意義~』
 東北福祉大学学長・駒澤大学元総長
 大谷 哲夫師

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 浅草の「浅草寺」が主催する「仏教文化講座」について

① 一般の方々に無料で教養講座への参加機会を
 提供することを開催趣旨としております。

② 昭和30年から毎月1回欠かさず開催しており、
 大変多くの方に講師としてご協力いただいております。
(平成28年12月開催で733回目となります)

※ 旧安田生命元社長の竹村が当時浅草寺の
 信徒総代であったご縁で、
 講演会運営の手伝いをさせていただいております。

※ 講演会は2部構成で、
 第1部は政治・経済・文化・芸術・科学・スポーツなど
 多くの分野の方々による『文化講座』です。
 第2部は仏教(浅草寺)にゆかりの深い方々に
 ご講演いただく『仏教講座』となっています。


★161121 ランプメンテは厳しい! [PEUGEOT / VESPA]

★ヘッドライトがランプ切れにつき、ランプ交換。
 一度交換すると、やっぱりハイビーム気味になったので、
 一度外したら、ランプ固定用のバネのとめ金が地面に落ちて拾うのに一苦労する。

 peugeot206_1468276494080106434_n.jpg

 さらにペンチで口金が曲がってプラグ入らず…力技で戻してなんとか完了。
 ミラーに写して点検、まあまあかな(`_´)ゞ

★161116_今売れてる本『最後の秘境 東京藝大』について「週刊 読書人」スピンオフ・紙上座談会へ! [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★今売れてる本『最後の秘境 東京藝大』について、
「週刊 読書人」スピンオフ・紙上座談会企画!のため、大塚駅近くのとあるビルの1室へ。
 http://www.shinchosha.co.jp/book/350291/ (新潮社) ※8刷10万部突破とのこと
 東京藝大_5783992610558767009_n.jpg
 著者 二宮敦人さん(好青年)と、藝大水泳部の偉大な永山 裕子先輩と、三つ巴でのトーク(バトル、ではない)。
 永山画伯の水彩画教室の素敵なアトリエに一歩足を踏み入れると、そこはアウェイな予感が吹き飛んで、一気にホーム気分で落ち着いて筆とパレットを持ちたくなり…。(調子に乗りすぎ)

 用意していただいたケーキとコーヒーでリラックスした雰囲気の中、ただの上から目線的昔話にならないよう注意したつもりだが、なんたって永山師匠の〈秘境トーク〉が面白すぎ〜

 座談会のクライマックスは、担当編集者が用意した、幾つかの問いへの答えを求められて、、、、、
 さて書店店頭に「読書人」が並ぶのは数週間後とのこと。お楽しみに(`_´)ゞ


★161113 茶会 / 裏千家汲江会 @根津美術館へ [数寄・茶の湯・遠州流]

★昨日の福島から戻って、
 快晴紅葉の今日は裏千家汲江会 根津美術館での記念茶会へ。

 和気3563_n.jpg

 点心をいただいて、さて和気さんの濃茶席へ♪(´ε` )

★161112「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねる [展覧会・アートイベント etc.]

★161112晩秋の紅葉ドライブの目的は、
「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねること。
 政治家の家_997_n.jpg
 その所在地を、福島駅で借りたクルマのカーナビに入力すると、
 飯舘村を抜けて南相馬に入って暫く走り、
 夢ハットから数キロ先の道沿いにあった。

 政治家の家_715_n.jpg
 2012年竣工の初代「政治家の家」を案内してもらってから、
 その侘びたというか朽ちつつあるインテリアの、
 ハッとするような採光と、窓から見えるススキの輝きに息を呑んだ。

 政治家の家_707_n.jpg
 前夜に即席で用意した野点セットで湯を沸かし、開発さんに髑髏茶碗で一服差し上げた。
 かなり僕の自己満足かもしれないが…

 政治家の家_836_n.jpg

 建築的にもインテリアデザインとしても、もっと評価されて良いと思う物件。
 さてその価値は…式年遷宮の様に永年にわたって建て替える事で、
 その生命を長らえさせてはいけないようにも思うのだが。
 政治家の家_759_n.jpg

 明日から2代目の「家」は、初代の横に建つのだと施主の言葉でした(`_´)ゞ
 政治家の家_048_n.jpg


◆11月16日(水)に竣工したとの報告がありました。
 (開発好明さんのfacebookより)
 https://www.facebook.com/yoshiaki.kaihatsu?fref=ts

 竣工20_979_n.jpg

 〉無事 政治家の家 建て替え終了しました。
  天候に恵まれしっかり作れました。
  今回は近所の人の励ましや、遠方からの陣中見舞いなど嬉しい出会いがあり、
  建て替え甲斐のある1週間でした。

前の9件 | -

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂