So-net無料ブログ作成
前の9件 | -

★180210「都市のヴィジョン」会田誠展 GROUND NO PLAN [展覧会・アートイベント etc.]

★ご案内頂いて会田さんの展覧会へ(`_´)ゞ
 180210_会田誠49799_n.jpg
★“大林財団 助成事業「都市のヴィジョン」会田誠展 GROUND NO PLAN
 2018.2.10 SAT - 24 SAT

 この財団の助成プログラム、第一弾!という事で注目_φ(・_・
 180210_会田誠01_n.jpg

★絵を見に行ったつもりが、都市・制度へ挑む会田誠のテキストばかり追った_φ(・_・
 180210_会田誠02_n.jpg
 180210_会田誠03_n.jpg
 180210_会田誠04_n.jpg

 180210_会田誠05_n.jpg

 180210_会田誠06_n.jpg

 180210_会田誠07_ボイスn.jpg
 ヨーゼフ・ボイス@東京藝大に、1年間に合わなかった僕ら世代の叫びに笑えた( ^∀^)

 180210_会田誠10_n.jpg

 180210_会田誠11_n.jpg

 180210_会田誠12_n.jpg
 アートってアーティストって、藝術の素直なイメージを垣間見る展示は、
 30年前から緩んでいなくて少し安心したd( ̄  ̄)


★室町絵画(水墨画)と、今日の会田誠を結ぶ一冊。
山下裕二先生の『室町絵画の残像』(平成12年)を見返す。
 180210_室町絵画の残像_会田誠49_n.jpg
表紙は無論『紐育空爆の図』(会田誠 1996年)だ。
(この絵が紹介される時のクレジットには、必ず同級のM橋君の名も)

最近若者と話すと「戦争画って会田さんの絵ですよねー」と、
何の疑問もなく明るく話すので、僕も「え、そうなの!?」なんて返す、わけないか。。

かつてトーハクの「雪舟展」を担当した時、雪舟の本をあれこれ探してこの一書に出会った。
その後「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」が縁で、山下先生を紹介していただくのだが・・。

そう、古美術と接する眼には、現代アートって「いま」の社会を読み解く眼として
ヒジョーに分かりやすい美術なのである。そしてそれはとても楽しい世界だ。_φ(・_・

タグ:会田 誠
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★180117_福島第一原子力発電所視察 [★調査研究]

★180117_福島第一原子力発電所視察
 前泊して今日は休暇、学生団体リプラボのツアーに参加する。
 9時30分 福島駅西口バスターミナル集合
 福島駅集合_497615_n.jpg

 リプラボ_バス795392_n.jpg
 福島駅西口に集合してから、一路浜通りへのバス車中。
 順番に自己紹介する。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 バス内で線量計の説明_5670715678697619648_n.jpg
 バス内で線量計の説明している。

◆旧エネルギー館に到着。
 東京電力の説明を聞く。
 F1内ルート_7314_n.jpg
 170629の視察時より明らかに違ったのは、3号機の上部に円筒形のカバーがついていたこと。
 1〜4号機の状況_6453028_n.jpg
 資料によると「3号機燃料取り出し用カバー等設置作業」を、昨年7月22日から実施しているとのこと。
 
 スマートフォン、撮影機材は一切持込みNGにつき、バスの席から曇ったガラスから覗く景色を描きとめるのみ。
 震災前は1000本以上あったサクラ_142111_n.jpg
 震災前は1000本以上あったサクラは、400本以下まで減っている。
 (汚染等事情により除去された)

 1号機、2号機、そして3号機の変わりよう_9790478_n.jpg
 1号機、2号機、そして3号機の変わりように驚く。

 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機_7604_n.jpg
 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機。
 なんだかスマートな印象に変わっている。

 5,6号機のある双葉町_8965399296_n.jpg
 5,6号機のある双葉町。
 視察後のレクチャーで「これを再稼動することは可能か」と質問したら、
「技術的には可能だが送電設備がやられているので、
 コスト的には無理」との回答。
 東京電力は、原子力(発電)はまだ必要だと考えている様子がうかがえた。

 F1へバスで移動中_8157812693204856955_n.jpg
 F1へバスで移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 6号線の線量計・F1へバス移動中 _2512_n.jpg
 6号線の線量計・F1へバス移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機が見えてきた。_8956066048_n.jpg
 1号機が見えてきた。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機排気筒_8854781_n.jpg
 1号機排気筒
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 2号機は建屋のグラフィック_71377_n.jpg
 2号機は建屋のグラフィックがまだ見える。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・_871_n.jpg
 3号機・昨年6月の時は無く、7月から設置された円筒形は燃料棒取り出し用とのこと。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 スケッチに集中する僕。_299097821048_n.jpg
 カメラやスマホは持ち込みNGにつき、観察して、スケッチに集中する僕。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フェーシング_1655653027510565907_n.jpg
 フェーシング(コンクリートで覆う)された地表。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 汚染水タンク_7325_n.jpg
 汚染水タンク
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フランジタンク_824279_n.jpg
 フランジタンクは、汚染水以外の水を貯める用途で使用しているらしい。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・水素爆発の爪痕_697_n.jpg
 3号機・水素爆発の爪痕が見えるのはここくらいになったか。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒_1092404202990203582_n.jpg
 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒された場所。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)
 
★もっとスケッチに上手ければなあ・・と多少後悔する藝大生。。トホホ

 視察が終わって参加者全員集合写真_3466112882489793470_n.jpg
 視察が終わって参加者全員集合写真。学生による見学のせいか、
 東京電力担当者もTEPCO看板を出したり特別待遇なのかな!?
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

★昨日の1F視察資料など読み返したり整理したり。
 昨日の1F視察資料など読み返したり整理_5315779_n.jpg
※画像:180117 僕だけ髑髏茶碗でコーヒー飲みながら、東京電力によるレク聴講 @さくらモールとみおか(旧エネルギー館)の図。
 ひととおり現状説明を聞いて、13時頃から福島第一原子力発電所の視察へバスで移動した。。

★ツアーを終えて福島大学図書館3階にて「ふりかえり」
 福島大学図書館3階にて「ふりかえり」_4184957_n.jpg
 ここまで参加してこそ、ツアーの意味がある。
 疲れていてもここで頭を使う。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 振り返り_ホワイトボード14319205836_n.jpg

 原発を自ら見て・感じたで賞_31071549_n.jpg
 原発を自ら見て・感じたで賞

★そういえばDVDが配布されていたのを忘れてた。
 そういえばDVD_7555988_n.jpg
 見ると、2011年3月11日から2017年12月までの、
 廃炉作業へ連なる福島第一原子力発電所の事故発生からの経緯が、
 わかりやすく動画と画像で…_φ(・_・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★2017年 展覧会/アートイベントなど(作業中) [展覧会・アートイベント etc.]

★2017年 展覧会/アートイベントなど(作業中)
 2011年から2014年までリスト化してた作業、久しぶりにまとめてみた。
 23379882_1870903479604729_7700949919933668571_n.jpg
 どくろ数寄茶会 @日展新会館
 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=102567880

170115 『クラーナハ展』国立西洋美術館
170128 0203 照明探偵団 / 上野公園に現る
170202 上野「文化の杜」市民大学(http://ueno-bunka.jp)トークセッションシリーズ2回目。
 アートで人と地域をつなぐ、アートプロジェクトと美術館のこれまでとこれからー
170211 石川直樹『この星の光の地図を写す』水戸芸術館
170213『世界遺産 ラスコー展』国立科学博物館
170304 和田章江(わだ ふみえ)「鏡」“ to see myself in the mirror ” AKIYAMA GALLERY
170304 二川幸夫写真集『天上の庭』刊行記念展示会 GA Gallery
170401 灰原 千晶「もうそうかもしれない」@ギャラリーなつか
170400『シャセリオー展』 国立西洋美術館
170411-0604『特別展 茶の湯』東京国立博物館
170501[スクリーニングとインタビューズ(山城知佳子/藤井光)]blanClass
170504 『マルセル・ブロイヤー』『茶碗の宇宙』 東京国立近代美術館
170504 村田 真『プチ戦争画』シリーズ 170504 村田 真『プチ戦争画』シリーズ
170512 『異郷のモダニズム』 名古屋市美術館
170604 『絵本作家のおもちゃ展』 堀川理万子 丸善・丸の内本店
170608 木下晋展 銀座屋上ギャラリー枝香庵
170615 『精神の〈北〉へ Spirit of “North”』 東京都美術館
170616 『レオナルド × ミケランジェロ展』三菱一号館美術館
170618 中島晴矢『麻布逍遥』関連イベント「麻布が映した東京」宮台真司
170627『境界を跨ぐと』 170701 再訪『境界を跨ぐと』東京都美術館
170629 東京電力福島第一原子力発電所
170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科
170713 堀川理万子 ワインワークス南青山
170810「すみだ北斎美術館」
170812 石川直樹『いつでもどこでも』(FUJIFILM SQUARE)
170817 那覇市立壺屋焼物博物館
170825 池田学『誕生』Mizuma Art Gallery
170828 荒木経惟『写狂老人A』 東京オペラシティアートギャラリー
170828 渡邊晃一「福島-奄美大島」〈奄美の華跡〉 養清堂画廊
170900『ジャコメッティ展』 国立新美術館
170906 せんだいメディアテーク
170911『中西夏之 個展』SCAI THE BATHHOUSE
170926-181126 『運慶』東京国立博物館
171002 NISSAN ART AWARD 藤井光《日本人を演じる》BankART Studio NYK
171007『サンシャワー 東南アジアの現代美術展1980年代から現代美術まで』国立新美術館
171013『素心伝心 クローン文化財 失われた刻の再生』東京藝術大学大学美術館
171021 藝大茶会
171026『国宝』京都国立博物館
171028 オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭
171028 重陽の芸術祭 二本松
171101『70 CREATORS' SEVEN』PARCO-ART
171104 横浜トリエンナーレ/小沢剛《帰って来たK.T.O.》
171108・1109 オスロ芸術アカデミー+藝大藤崎研のワークショップ 
171112 どくろ数寄茶会 @日展新会館
171016・171113 1114 照明探偵団 上野公園に現る vol.2 /東京国立博物館
171119 三沢厚彦『アニマルハウス 謎の館』渋谷区立松濤美術館
171207 丸岡和吾『x』
171209 宮島 厳島神社
171210 大和 ミュージアム
171210 鉄のくじら館(海上自衛隊呉史料館)
171211 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
171211 広島平和記念資料館
171216『光の現代美』旧三井家下鴨別邸
171216 安達原/黒塚 下鴨神社(賀茂御祖神社)能楽堂
171222 灰原千晶『縫いなおされる星座』switch point

http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-12-31
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/archive/201312-1
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2012-12-31
shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-12-31
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★171209 宮島 厳島神社 [都市・街・公園・光・風景]

★広島出張への移動日
 初めて宮島・厳島神社へ詣でる。
 藝大の助手時代の先輩、広島市立大学の吉田教授と合流。
 20年以上住まわれて、勝手知ったる地元・宮島/広島をご案内頂く…

 JR参道口の駅から歩いてフェリーへ行き、切符を購入。
 ロープウェーとのセット券。

 フェリーで十数分ほどで、厳島神社のある宮島が見えてきた。
 宮島_57332141044_n.jpg

 最近できたというスターバックス。
 宮島の参道(商店街)を抜け、ちょうどラテか
 コーヒーが飲みたい場所にある。あるいは参詣後に_φ(・_・
 スタバ_27996615_n.jpg

 サイン_7315076_n.jpg

 参道
 参道_2592_n.jpg
 大鳥居が見えてきた
 鳥居_729_n.jpg

 大鳥居_911332963679_n.jpg
 
 能舞台
 能舞台_18254_n.jpg
 
nice!(0)  コメント(0) 

★171112 どくろ数寄茶会 @日展新会館 [数寄・茶の湯・遠州流]

★TOKYO数寄フェス2017同時開催
 木下史青「どくろ茶会」シリーズ
 どくろ数寄茶会

 23379882_1870903479604729_7700949919933668571_n.jpg
 画像は『空っぽの巌』/靖国神社(灰原千晶作)越しに見る、
 福島県二本松の菊『華跡』(渡辺晃一作)。
 その空間で行われた髑髏茶碗(丸岡和吾作)による茶会_φ(・_・

 1.jpg
 髑髏蓋置(ぐい呑)/丸岡和吾作

 23592301_1873114556050288_2942530987920593590_o.jpg
 アートリンクメンバーの呼吸が素晴らしく、立礼のせいか、
 特に◎席目とは設けずに行ったが、だいたいうまく席が回った。
 ちなみに立礼卓は木下の監修・デザイン(制作はクマイ商店にお願いしました)

 23561561_1872236442804766_8974967024800291586_n.jpg

 23926190_1886724768022600_7540216315223550049_o.jpg
 撮影:鷹野 晃

 23916056_1887821391246271_5438960710938878179_n.jpg
 茶筅通 髑髏茶碗

★以下《茶ヌーボー》チラシより
 23511095_1872263742802036_8612355038990001817_o.jpg

 23467239_1872263516135392_7043372497977179870_o.jpg

 2011年『行の茶会』で初めて亭主をつとめたことをきっかけに、
 「ドクロ茶会」シリーズを続けている木下史青。
 今回は会場デザインも自ら手掛けます。
 そのしつらえを眺めながら一服のお茶をお楽しみください。

 *2017年11月12日(日) 12時~16時
 *日展新会館2階  台東区上野桜木2-14-3
 *席料 500円
 *亭主
   木下史青  遠州流茶道師範 時青庵 木下宗史 /東京国立博物館デザイン室長
 *会場展示作品
   見立て庭:
   空っぽの巌
   The Empty Rock
    灰原千晶 東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻

   見立て床:
   華跡 〜 二本松・大菊一輪 〜
   KASEKI – Traces of flowers “A big chrysanthemum in Nihonmatsu”
    渡辺晃一 福島大学文学・芸術学系(絵画研究室)教授

 先着25名さま。順次お席にご案内いたしますので、
 お待ちいただくこともございます。(ご予約は受け付けておりません)
 _______________________
 <過去の「どくろ茶会」シリーズ>
 ●2011/10/8 art-Link 上野-谷中2011『行の茶会』谷中カヤバ珈琲
 ●2016/10/9 福島ビエンナーレ2016 重陽の節句『オニババドクロ茶会』
                 福島県二本松市 男女共生センター
 ●2016/11/12 『「政治家の家」建替安全祈念、開発好明さんに髑髏呈茶』
                 福島県南相馬市「政治家の家」  
 ●2017/3/1 桃の節句 『有機ELどくろ茶会』山形県産業技術振興機構
 ●2017//7/7 七夕『雪山頭蓋ちゃわん茶会』 東京藝術大学デザイン科
 ●2017/10/28 重陽の芸術祭『オニババドクロ茶会』
                  福島県二本松市二本松霞が城 洗心亭


 23593569_1873648992663511_5209374282369076914_o.jpg
 『どくろ数寄茶会』企画・運営メンバー紹介::
 2011年『行の茶会』では半東、今回は水屋を取り仕切っていただいた熊井千代子さん。
 現代美術と茶の湯美術の空間構成の現場製作を施行をお願いした野口玲一さん
 アートリンクマネージメント/どくろコンセプト実現していただいた恩人津布久静緒さん
 半東としてどくろコンセプトを分かり易く解説、茶会進行を取りまとめてくれた岡田紅子さん
 アートリンク草創期から20年を語れる盟友坂元暁美さん
 流派を超えてのお茶つながり・お運びをしていただいた岡里崇さん

 皆さまありがとうございました。お疲れ様でございました。

◆付録:会場パネル
 IMG_E3981.JPG

 IMG_E3982.JPG

◆茶券:
 27.jpg
  designed by mari


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★171108・1109 オスロ芸術アカデミー+藝大藤崎研のワークショップ [数寄・茶の湯・遠州流]

★振替休日。オスロ芸術アカデミー+藝大藤崎研のワークショップ。
 オスロ01_40176_n.jpg
 東博の九条館へお迎えして、双方学生の自己紹介&僕が簡単広間座敷のガイダンス。
 オスロ02_63876_n.jpg

 オスロ03_482862_n.jpg

 オスロ04_429315_n.jpg

 オスロ05_3130613_n.jpg

 オスロ06_24748_n.jpg

 オスロ07_77234113_n.jpg

 オスロ08_18826_n.jpg

 オスロ09_17638_n.jpg

 オスロ10_48338360_n.jpg
 点心お弁当の後、転合庵にて小間の茶室に移動して、茶事の流れについて…無謀にも解説してしまった。
 転合庵IMG_9264.jpg
 通訳の方も、事前に渡されたコピーよりも実際の空間で見ながらの説明は、分かりやすくて助かった〜との何より嬉しい言葉も。それは身近に最高の環境に恵まれていることに感謝^_^

★メインエベントは藝大正木記念館での体験茶会!
 茶の湯ビギナーの日本側がノルウェーのお客様をもてなす・・外国の客人への呈茶は、そもそもカルチャーミックスな茶の湯の意味や歴史と、コミュニケーション・システムのインフラとツールについて、再認識することができる。
  オスロ11_2330415_n.jpg

 オスロ14_86757064_n.jpg

 主茶碗は、藝大の先輩 川尻 潤作『南蛮』を、床の花器には茂田 真史さんの白磁がスポットライトに輝いて、学生が用意してくれた大振りの花5種を入れてみると、空間が引き締まった感じ。(自画自賛・記録画像は後日)
  オスロ12_2034512_n.jpg

 オスロ15_867064_n.jpg

 オスロ16_8674_n.jpg

 オスロ17_8704_n.jpg

 オスロ18_86704_n.jpg

 オスロの方々、初めて持つ茶筅を扱って薄茶を点てて…大変美味しく頂戴しました。
 オスロ13_8961042_n.jpg
 お茶銘は浅井宗兆遠州流家元主監 半白記念「時かさね」(`_´)ゞ

★さて明日は岡倉天心『T he Book of Tea』を読み込んでのワークショップ第2弾、とのこと。(院生が作り、僕は参加しませんのであしからず)
 オスロ19_86704_n.jpg

 オスロ20_86704_n.jpg

 オスロ21_86704_n.jpg

 オスロ22_8670004_n.jpg

 オスロ23_8670004_n.jpg

 オスロ24_8670004_n.jpg

 オスロ25_860004_n.jpg

 オスロ26_860004_n.jpg

 オスロ27_860004_n.jpg

 オスロ28_60004_n.jpg

 オスロ29_60004_n.jpg

 オスロ30_60004_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭 [数寄・茶の湯・遠州流]

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭
 二本松城(霞ヶ城)洗心亭での二時間、無事終了です。

 二本松市では『重陽の芸術祭2017』開催中。茶会はその関連企画。
 http://2017.fukushima-art.com/
 お城では、「二本松の菊人形」も開催中です。
 http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/kankou/63kikuningyou.html

 オニババドクロ茶会_チラシ_8973_n.jpg
 ※デザイン:渡邊晃一

 オニババドクロ茶会_13557_n.jpg
 来ていただいた方々、
 お手伝いいただいた婦人会の皆さんはじめ、
 ご縁あった関係各位、お陰様で良い茶会になりました。
 至らぬところばかりでしたが、お茶を通して、
 二本松の方々の声をじかに聞くことができました。。
 感謝申し上げます。  木下史青

 オニババドクロ茶会_点法_8973_n.jpg
※点前座が明るく見えるのは、
「風炉先屏風:有機ELの風炉先屏風見立て衝立」
(協力:(公財)山形県産業技術振興機構)のやわらかな明かりのおかげです。

ご案内============================================
「重陽の芸術祭」の企画として「オニババドクロ茶会」を開催します。
 http://2017.fukushima-art.com/events.html

 会場:福島県二本松 霞ヶ城址内 洗心亭(県指定有形文化財)
    二本松市郭内3-232
 日時:12:00~14:00
 お茶券(500円)を配布します。先着25名です。

 亭主:木下史青
     遠州流茶道 時青庵 木下宗史/ 東京国立博物館デザイン室長

 菓 子:干菓子・ヌーベル和三盆「ガイコツ」
 薄 茶:逢真庵 浅井宗兆 遠州流家元主鑑お好「時かさね」 小山園
 主茶碗:銘 ホトバシル(髑髏茶碗) 丸岡和吾作 牟田陽日絵付
 替茶碗:備前髑髏 丸岡和吾作
 床飾り: 華跡 「菊」 渡邊晃一作
 蓋 置 :髑髏ぐい呑 丸岡和吾作
 棚飾り:金髑髏ぐい呑 丸岡和吾作 牟田陽日絵付、髑髏煙管 丸岡和吾作

 茶 杓 :歌銘 『黒塚』にちなみ
      みちのくの 安達ヶ原の黒塚に
         鬼こもれりと 聞くはまことか
                平兼盛

 オニババドクロの由来について聞かれたので、この歌を言うと、
 婦人会のみなさん、空でスラリと口にして…流石です。
 なんとなく納得された模様^_^v

 オニババドクロ茶会68_778_n.jpg

 オニババドクロ茶会34_n.jpg
 洗心亭 外観

★本日の茶会の為、
 渡邊晃一(福島大学 文学・芸術学系教授)さんに依頼した床飾りは、
「二本松の菊人形」にちなみ、《華跡-菊-》を。
 オニババドクロ茶会_渡邊_8973_n.jpg

 仏花と言われてしまうキクとは違い、
 最高の格調高さを誇る「二本松の菊」の姿を、
 ネガ・ポジの二次元写し込んで空間化する、渡邊さんの腕力に脱帽です。
 オニババドクロ茶会_3095_n.jpg
 持参したアンテロープ頭骨を添えて、植物/動物の世界を創出_φ(・_・

 遠州流では重陽の節句に「被綿(きせわた)」で入れる「菊」について、
 あらためて学んでみるつもり。

★翌日は台風接近で雨が降り寒い。
 天候に左右されるものとはいえ、
 本日の各所各種イベントは中止で、昨日の茶会日和が嘘のよう。
 オニババドクロ茶会_髑髏感想8973_n.jpg
 宿で乾かして綺麗チェックした髑髏供は、
 僕のラッキーアイテムだったなと再認識です
  _φ(・_・チェックアウトまでに仕舞わないと…




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★171006_学芸員照明研究会 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★第17回! 学芸員照明研究会でお話ししてきた。
 171006_Panasonic5120_n.jpg

『フランス人間国宝展』はフランスの展示デザインをリアライズするために、
 少しサポートしたお話しを、
『平等院ミュージアム鳳翔館』『那覇市立壺屋焼物博物館』は、
 照明のLED化のためのプロセスについて、100枚ほどの写真を使って紹介。

 学芸員40名弱ほどの視線に声が震えたのは、
 大学での講義とは違う、不思議な高揚感を感じたせいか?(`_´)ゞ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★日本建築学会『建築雑誌』2017年9月号届く。 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★日本建築学会『建築雑誌』2017年9月号届く。
 21369580_1808017405893337_5807055171744004449_n.jpg 

 21432729_1808017409226670_3679992045328150879_n.jpg
「連載 近現代建築資料の世界20」《東京国立博物館館史資料より、復興造営工事写真帖》の紹介コラムに寄稿しました。_φ(・_・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の9件 | -

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂